sakura

歌います。
絵描きます。
パンを焼きます。

記事一覧(179)

MINDIVE 浜田道明 個展5/4-5/20

ミチアキさんを初めて知ったのは、天文館にあるBARイパネマだ。「渋い、味のある」それがピタっとハマる風貌のおじさんが、自分の人生を歌っているようだった。フォークでブルースで、そしてシャンソンなその歌に、私は強く心掴まれた。「歌は技術が全てではない」と改めて教えてもらった。ーーー「どこか天文館のお店のマスターなのかな?」毎回歌う前に来て歌ったらサッと居なくなる。お店の合間に歌いに来てるのかな?と思っていた。.ある日、初めて、私とミチアキさんの歌う出番が前後したことがあった。私はその時、何年か越しに初めて声をかけた。サングラスしていて声をかけ難い雰囲気の人だから「いつも楽しみにしてます」とソレだけで結構ドキドキした(笑).「ありがとう」と外したサングラスの奥には、なんともキラキラした瞳が隠れていた。少年のよう、とはコレだ!この瞳だ!と妙に感動した。「ギター弾くの?」と、私が手に持つギターを見て言うので「はい、次歌います」とコタエた。「じゃあ聴いていこうかな」と返ってきたのでビックリ!考えていたセットリストがどうでもよくなったことは今でも思い出せる(笑).きっとすぐ帰られるだろう。そう思っていたから、私は、「ミチアキさんに聴いてもらいたい1曲ってなんだろう?」と即座に自問自答。出したコタエは「いつか忘れてしまっても」だった。一聴すると男女の恋歌にも聴こえるこの曲、実は裏テーマが認知症。その想いも話した上で、私はソレを歌った。.ミチアキさんは結局、私のステージを全部聴いていってくれた。それが嬉しくて嬉しくて。けれど挨拶しようとした時には、いつものようにミチアキさんはもう居なかった。..それから1週間ほど経ったある日。私は新栄町のスタジオSTOMPに行った。いつもお世話になっているピアニストきたぞのまゆみさんとのリハーサル。ストンプでの時間は先ず、珈琲飲みながらの雑談から始まる。まゆみさんのご主人でもあるストンプの原口さんと、たまたまミチアキさんの話になった。「昔からの仲間なんだよ」といろいろなエピソードを話してくれた。.その時!私は初めて気づいた!あ!!!ちょっと待ってください?!ミチアキさんてボアールの白い絵の人ですか?え?てことは、イパネマの赤い絵の人ですか???え???ジャンクの緑の絵の人ですか?!てことは、ストンプの青い絵もそうですか???.ミチアキさんは、ミュージシャンでも天文館のどこかのお店の人でもなく、画家だった。ニューヨークで個展経験もある。私が行く先々で迎えてくれる大きな絵。行けばその場所ならでは、という絵。その作者が、ミチアキさんだった。.私は、1週間前のイパネマでのことを原口さんとまゆみさんに話した。いつもはサッと帰られるのに、全部観てくださってすんごい嬉しかったんです、って。ミチアキさんに聴いてもらうなら「いつか忘れてしまっても」だな、って歌ったんです、と。急に2人が「え?!」という表情で、お互い顔を見合わせて私に言った。「さくらちゃん、それは相当印象に残ったと思うよ。ミチアキさん、つい先日お母様を亡くされて。認知症だったんだよ」と。しかも、すぐ帰られる理由がお母様の介護だったと。もうその話に私の方が衝撃を受けてしまって。(このエピソード載せるの迷いましたが。。!)ーーー長くなりましたが。。。それ以後、ミチアキさんとのエピソードはいろいろと続いていますが、その度に「なんて素敵な人なんだろう」って、思えるんです。.ミチアキさんの個展。楽しみすぎます。ーーー「MINDIVE」浜田道明 個展5月4日から5月20日までgood_neighbors_kagoshima 営業時間11:00-19:00定休日 毎週火曜日、第2、4水曜日鹿児島市住吉町7-1099-295-6658.中原慎一郎さん「持ち出し」(笑)ありがとうございます。

WALK INN FES 2018 オーディションを終えて

何かをする時「誰かのため」だと、人はいつも以上のパワーが生まれたりします。好きな人へでも、友人へでも、家族へでも「伝えたい」って気持ちで素晴らしい作品が出来る。結果的にそれは自分のためになって、それがまた誰かのためになる。音楽で舞台に立とうとする人はまず何よりも「聴かせたい!」があるだろう。ただ「歌いたい」だけじゃカラオケに行けばいい。誰かの歌を聴いて、誰かのギターを聴いて「オレの方が上手い」って思った瞬間、ソレって負けだ。だってもう既に「観る側、聴く側」に分かれてる。昨年からオーディション司会させてもらって「中からも外からも」観させてもらえて、観客の視点、審査員の視点、そしてその選出方法も含めその「公正、公平」がどういうものか?ってすごく考えるし学べています。「絶対」という現実はないかもしれないけれど、「絶対」という感情はある。SNSなどでの自分自身の「公」発言を匿名で発したり、良いこと言っても「たぶん」で〆るような人間は、ただ逃げてるだけ。私はそっち側で生きたくはないです。ーーー今回グランプリは、crest sight/ユメノメ灰かぶり姫/ユメジカ  でした。そしてグランプリとは別に急遽、テントステージ出場枠を設けました。そこに選出した2組。「歌うための理由」みたいなものって、もしかしたら必要ないのかもしれない。けれど私には、この2組が「過去と未来」を見ていると感じました。大きなステージではないけれど、音狂(トグルイ)、成田真歌さん、一緒にテントステージに立てる5月、楽しみにしております(^^)#walkinnstudio #音狂 #音狂togurui #成田真歌 #りなるん #walkinnstudio #walkinnfes #walkinnfes2018