映画「セッション(原題 whiplash )」を観て

2015年4月。タイへ行った。
往きの飛行機の中で、
前情報無しで観た映画
「セッション」(原題 whiplash )。
途中の辛さや苦しさから抜けた後の
ラストシーンは鳥肌で、
軽い放心状態になった。

帰りの飛行機の中で、
早送り等出来るのをいい事に、
ラストのLIVEシーンだけ3回観賞。
もう堪らない感覚だったのは、今でも忘れられず。

日本で公開されからというもの、
あの途中の血まみれのシーンや、
追い込まれていく精神的なピリピリを
もう一度乗り越えてでも、
映画館でどうしても観たくて、
ついに観た。

うわああああああああああ。
って、やっぱりなる映画だ(笑)

最後のラストLIVEシーンから、
パッとエンドクレジットに変わる。
それからも、なかなか席を立てず。
せっかくの大音量。
エンドクレジットを見ながら、
大音量JAZZをゆっくり聴いた。

最後のドラムサウンドを聴きながら、
映画館を後にした。
最初から最後まで、
ドラムロール(テンポ)がすべての
作品なのである。


0コメント

  • 1000 / 1000